2017年06月14日

不妊症に対する鍼灸治療について(2)

不妊クリニックでは、一般不妊治療(タイミング法、人工授精、排卵誘発法など)や高度不妊治療(体外受精、顕微授精)が行われています。

一方、当院のような鍼灸治療院には、前述した西洋医学の治療をやっていてもなかなか妊娠に至らない方が来られます。

治療目的は、”妊娠・出産しやすい身体を作る”です。

これは自然妊娠を希望している方でも、顕微授精や体外受精を受けている方でも全て同じです。

自然妊娠はもちろん体外受精でも精子が卵子の中に自力で入らないといけません。(卵子は精子を受け入れなければなりません)

顕微授精では人工的に授精させるわけですが、ここでしっかり受精し、その後受精卵はしっかり細胞分裂を起こし育っていかなければなりません。

また、子宮への移植にしてもしっかり着床しなければならないし、着床した後もしっかり子宮の中で育っていかなければなりません。

このように、高度生殖医療においても、しっかりしなければならない部分は全て自身の身体力が必要になるわけですから、妊娠・出産への身体作りがいかに重要かわかると思います。

妊娠・出産しやすい身体作りには、いろいろな考え方や方法があります。

私は鍼灸・指圧・マッサージ師なので、当然これを鍼灸治療や手技療法で行っていきます。

治療は、身体全体の血流を改善させ、子宮や卵巣にきれいで栄養豊かな血液を滞りなく流れさせることを目標とします。

そして、治療を継続することで徐々に自律神経やホルモンのバランス等も整い、身体を良好な状態に持っていけると考えております。

ただ、自律神経や(女性)ホルモンは間脳(視床下部)で調節されており、視床下部が様々なストレスに反応することから、「身体」だけでなく「心」も健康でなければなりません。

残念ながら鍼やお灸は直接「心」にはできないので、治療で精神的ストレスや心の問題がなくなるというわけではありません。

しかし、身体力が上がれば、ストレスに対する抵抗力が上がります。

また、50〜60分の治療(当院)はカウンセリング効果もあります。(いろいろなお話を聞かせていただけるので)

「心」と「身体」、両方大事ですね。

「心」のツボにも鍼を響かせる。

そんな治療ができればと常々思っているのですが・・・。

たけだ治療院 http://www.kamakura-harikyu.com

posted by ポロロン at 15:00| 不妊治療

2017年06月11日

不妊症に対する鍼灸治療について(1)

WHOによる不妊の定義は「避妊をしていないのに1年以上にわたって妊娠に至れない状態」(2009年)となっています。

以前は”1年”のところが”2年”でした。(日本産科婦人科学会も2015年に2年から1年に変更)

一般的に、健康な男女が排卵期に性行為をした場合、1周期あたりの妊娠率は20〜30%と言われています。

仮に25%で累積妊娠率を計算すると1年(12回トライ)では97%近く、2年ではほぼ100%妊娠できることになります。

数値だけをみると1年あればほぼ、2年あれば確実にというところですが、実際には1年目は80数%、2年目は約90%、あとは何年経とうが横ばいのようです。(およそ10組に1組が不妊症)

このように1年目と2年目の妊娠率にそれほど差があるわけではないので、最近は、WHOの定義にあるように、1年妊娠しなければ不妊として治療を開始する傾向があるみたいです。

当院へは、クリニック等で不妊治療をはじめてから2〜5年程度の方が多く来院されています。

なかなか早い段階で「鍼灸治療に!」とはならないようですね。

まず病院等での検査や治療が優先されますし、そもそも鍼灸治療自体知らない方もいるし、知っていても、悪いイメージ(熱そう、痛そう、あやしいなど)があったり行きたいけど、どこに行けばいいのか分からなかったり・・・。

鍼灸治療は、身体はもちろん精神にも非常に良い効果をもたらします。

それは、自然妊娠を望む方にとっても、高度医療を受けている方にとっても同じです。

地道にまじめに治療を受ければ、身体は必ず整っていき、妊娠確率は上がっていきます。

お近くに適当な鍼灸院がない場合は、ぜひ『たけだ治療院』へ来て下さい。

  たけだ治療院 http://www.kamakura-harikyu.com             



posted by ポロロン at 00:09| 不妊治療

2017年05月05日

初めまして

ようこそ「たけだ治療院」のブログへ。

鎌倉市鎌倉山で鍼灸、指圧・マッサージ、整体による治療を行っています。

Auのブログが閉鎖されるようなので、こちらへ移ることにしました。

以前書いたものも少し加筆、修正しながら載せていきたいと思っております。

今後もよろしくお願いいたします。

ぴかぴか(新しい) 鎌倉山 たけだ治療院   院長 竹田 健二 ぴかぴか(新しい)






                             
                    
posted by ポロロン at 02:59| たけだ治療院