2019年03月09日

鎌倉山の桜

鎌倉山は昭和4年、大船から江の島間に日本最初の自動車専用道路を建設した「日本自動車道株式会社」によって別荘地として分譲され、昭和6年には、後に鎌倉山の象徴ともなった桜(7年生苗木の『ソメイヨシノ』)が植樹されたと、「鎌倉山」創刊号に書かれてありました。

とすると、今の鎌倉山にある桜の木は、樹齢95歳ぐらいということになるのでしょうか?

『ソメイヨシノ』は、エドヒガンとオオシマザクラ、ヤマザクラなどとの交雑種だと言われており、種子では増えず、全て人の手で接ぎ木や挿し木などで増やしているそうです。

つまり全国にある『ソメイヨシノ』は、すべてクローンということになります。

クローンだからか寿命60年説があるみたいですが、全国には樹齢100歳以上の『ソメイヨシノ』も存在するとのこと。

鎌倉山の桜の木も100歳目前ですが、いったいいつまで大丈夫なのでしょうか。

頑張ってほしいです。

20180401_090313.jpg
                      (2018年3月28日 撮影)
posted by ポロロン at 21:30| 日記

2019年03月08日

不妊症例B 結婚7年目で妊娠

女性 39歳 

結婚して1年目、自然妊娠するも、6週目心拍確認できず稽留流産。その後1年、タイミングで様子をみるも妊娠せず。3年目から不妊治療専門クリニックに通い、体外受精開始。3回行い、3回とも3つ受精し、9つのうち2つ新鮮胚移植をしたが妊娠せず。その他の7個はすべて胚盤胞までいかなかったということでした。

その後事情があり、しばらくクリニックをお休みした後、結婚7年目に当院を受診。

この方は生理も順調で、身体が少し冷える以外は特に問題ないと言って来られました。

身体はやせ型で、全体的に皮膚が張っており、筋質がやや硬め、お腹も硬く柔軟性があまりみられない状態でした。

治療は週一回で、およそ3か月目くらいから明らかに状態が良くなってきた後、クリニックで体外受精へ向けて治療開始。2回体外受精を行い、4つ胚盤胞までいき、2回目の移植で妊娠(当院に来てから6か月目)。

その後、女の子の赤ちゃんを出産されました。

今でも時々疲れた時、マッサージに来られます。

       ぴかぴか(新しい)たけだ治療院ぴかぴか(新しい)


posted by ポロロン at 12:48| 不妊治療