2017年08月08日

不妊症に対する鍼灸治療について(4)

現在まで継続して来院していただいた方の約7割が妊娠されています。

そして、そのほとんどが6〜9か月の治療期間です。

治療は、基本週1回、おおよそ3か月以内で身体の変化を起こし、6か月までで良好な状態に持っていき、その後はその状態を維持していくようにと考えています。(期間は目安です)
 
”妊娠・出産への身体作り”は地道な作業です。

何回かの治療でOKという訳にはいきません。

また、治療に通っていただくこともそうですが、バランスの良い食事や十分な睡眠、適度な運動なども毎日できる限り実践してほしいところです。

当院での鍼灸治療(身体作り)を考えている方は、上記のことを理解して頂いた上で来院していただきたいと思っております。

もちろん、合わないと思ったらすぐにやめていただいても全く問題ありません。

一度だけでいいから、今の身体の状態をしっかり診てほしいという方も受け付けております。

その場合は、とりあえず気軽に来ていただければと思います。


たけだ治療院 http://www.kamakura-harikyu.com
                




posted by ポロロン at 22:00| 不妊治療